本ページはプロモーションが含まれています。

「第66回グラミー賞授賞式®」WOWOWで独占生中継! 案内役にジョン・カビラ、ホラン千秋が決定!

「第66回グラミー賞授賞式®」WOWOWで独占生中継!
案内役にジョン・カビラ、ホラン千秋が決定!

音楽界で最も権威ある賞として全世界の音楽ファン、
ミュージシャン、音楽関係者が注目するグラミー賞。
日本時間の2024年2月5日に開催される「第66回グラミー賞授賞式®」の
模様を、WOWOWで午前9時より独占生中継にて
二カ国語版(同時通訳)で放送&配信する。
さらに同日午後10時より字幕版もお届けする。

「第66回グラミー賞授賞式®」WOWOWで独占生中継! 案内役にジョン・カビラ、ホラン千秋が決定!

11月10日にノミネーションが発表され、
最多ノミネートとなったのは、主要部門のうち3部門で
ノミネートされたシザの9部門。ヴィクトリア・モネが7部門、
テイラー・スウィフト、ジョン・バティステ、
ビリー・アイリッシュ、オリヴィア・ロドリゴ、
マイリー・サイラスなどが6部門でノミネートされている。

プロデューサーやエンジニアを除き、
6部門以上にノミネートされている
男性ミュージシャンがジョン・バティステのみであることから、
女性ミュージシャンが存在感を見せたノミネート結果。

テイラー・スウィフトがアルバム『Midnights』で
年間最優秀アルバム賞を受賞した場合、通算で4度目の受賞となり、
アーティストとしてフランク・シナトラ、
スティーヴィー・ワンダー、ポール・サイモンの
記録を更新し、単独トップとなる。
また、大ヒット映画『バービー』の
サウンドトラックからは4曲が候補となった。

受賞結果だけではなく、ビッグアーティストたちのパフォーマンスや、
ここでしか見られないコラボレーションが見どころの
グラミー賞授賞式®︎。第66回はどのようなパフォーマンスが
見られるのか期待が高まる。

1月に第66回グラミー賞授賞式®︎の見どころに迫る情報番組の
放送・配信も決定している。こちらも授賞式に向けて
チェックいただきたい。

そして、今回もグラミー賞の熱気と興奮、
感動の瞬間を、日本のスタジオからお届けする案内役に
ジョン・カビラとホラン千秋が決定。
第56回から共にグラミー賞の魅力を届けている
案内役の2人から、今回の授賞式に臨むコメントも届いた。

◆ジョン・カビラ
アワードシーズンです!今回のGrammys、
まさにLadies Nightになりそうです!
最優秀アルバム賞&レコード賞ノミニー、
ジョン・バティステ以外は全員女性!
そして個人的に楽しみなのが主要部門に追加された
最優秀ソングライター賞、栄えある
第一回のウィナーは誰になるのか?

また昨今相当勢いのあるジャンル、
こちらも新設の最優秀アフリカン
ミュージック・パフォーマンス賞にも注目しています。
そして!!言わずもがなの奇跡の一期一会!
こんな組み合わせはここでしかない!WOWなコラボレーションも必見!
ポップミュージックの「今」をお祝いする
世界最高峰の音楽祭、第66回グラミー賞授賞式ぜひご一緒ください。

◆ホラン千秋
グラミー賞のノミネーションが発表され、
2024年への準備は着々と進んでいます。
今年は皆さんにとってどんな一年だったでしょうか。
その総決算をするために、来年2月5日に開催される
グラミー賞授賞式で、テレビの前の皆さんと一緒に音楽を
通して振り返ることができれば幸いです。

世界がどんな情勢にあっても、人生の紆余曲折のどんな時も、
音楽は人々と共にありました。音楽に反映された、
今私たちに問いかけられているメッセージ。
アーティストの皆さんの叫びを、
ぜひ最高のショーで体感してください!

■番組情報

「生中継!第66回グラミー賞授賞式®」  
※二カ国語版(同時通訳)  
2024年2月5日(月)午前9:00~

「第66回グラミー賞授賞式®」 ※字幕版  
2024年2月5日(月)午後10:00~

画像クレジット:シザ、テイラー・スウィフト、 マイリー・サイラス、 オリヴィア・
ロドリゴ、 ビリー・アイリッシュ、ジョン・バティステ:Getty Images

※生中継終了後~90日間WOWOWオンデマンドにてアーカイブ配信

「第66回グラミー賞授賞式®の見どころ」

#1 2024年1月6日(土)午前8:15~ほか
#2 2024年1月13日(土)午後10:45~ほか
#3 2024年1月27日(土)午後10:30~ほか
※初回放送終了後~WOWOWオンデマンドにてアーカイブ配信


グラミー賞授賞式の最新情報は特設サイトへ!

www.wowow.co.jp


主要6部門ノミネーション一覧

年間最優秀レコード候補
Worship /ジョン・バティステ
Not Strong Enough/ボーイジーニアス
Flowers/マイリー・サイラス
What Was I Made For?[from the motion picture 
“Barbie”]/ビリー・アイリッシュ

On My Mama/ヴィクトリア・モネ
vampire/オリヴィア・ロドリゴ
Anti-Hero/テイラー・スウィフト
Kill Bill /シザ

年間最優秀アルバム候補
World Music Radio/ジョン・バティステ
the record/ボーイジーニアス
Endless Summer Vacation/マイリー・サイラス
Did you know that there's a tunnel under Ocean Blvd/ラナ・デル・レイ
The Age of Pleasure/ジャネール・モネイ
GUTS/オリヴィア・ロドリゴ
Midnights/テイラー・スウィフト
SOS/シザ

年間最優秀楽曲候補
A&W/ラナ・デル・レイ
Anti-Hero/テイラー・スウィフト
Butterfly/ジョン・バティステ
Dance The Night (From Barbie The Album)/デュア・リパ
Flowers/マイリー・サイラス
Kill Bill/シザ

Vampire/オリヴィア・ロドリゴ
What Was I Made For? [From The Motion Picture "Barbie"]/
ビリー・アイリッシュ

最優秀新人賞候補
グレイシー・エイブラムス
フレッド・アゲイン
アイス・スパイス
ジェリー・ロール
ココ・ジョーンズ
ノア・カハン
ヴィクトリア・モネ
ザ・ウォー・アンド・トリーティ

年間最優秀プロデューサー(ノン・クラシック)
ジャック・アントノフ
ダーンスト・エミール2世
ヒット・ボーイ
メトロ・ブーミン
ダニエル・ニグロ

年間最優秀ソングライター(ノン・クラシック)
エドガー・バレーラ
ジェシー・ジョー・ディロン
シェーン・マカナリー
セロン・トーマス
ジャスティン・トランター


Copyright (C) 1996-2024 WOWOW INC.

商標| プライバシーポリシー| お問い合わせ